スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONI4 制限プレイ日記 感想

うーん、なんというか…ストレスがたまるだけのやり込みになった気がしなくもないなぁ。
中盤まではよかったんだけど、それ以降は攻撃が雑魚にも体感で3割くらいしか当たらないし…攻撃術のありがたみを感じたやり込みだった。

しかし、これで6周したんですが、今回ほど変身を多様したのは初めてです。
序盤の音鬼丸と砦角はともかく、他のみんなは術を封印されないかぎり、変身する機会がほとんどないんですよね。変身するよりも、剣術を使って戦った方がよっぽど強いし。普段はなかなか使わない変身を使う…そう言った意味でもこのやりこみはよかったような気がします。終わりよければ全てよし?

戦闘キャラの感想でも。

・音鬼丸(おとぎまる)

このゲームの主人公。趣味はおつかいと、パシリ体質な15歳。見た目がとても15歳には見えない…。最初は10歳だと思ってた。個人的にONIシリーズで一番好きなキャラでもある。
次回作でも出るのだが、プロフィールに好きなもの  と書かれているがためにファンからシスコン扱いされてしまった。ゲーム中にはそう思わせるような描写はないのだが…。ONI5では出番が少ないのが残念。代わりに御琴が活躍します。
今回は彼の召喚には大きく助けられました。「らせつ」がなければ、モチベーションが持たなかったでしょう。あと、別に「やしゃ」を封印する必要性はなかったです。

・雁木丸(がんきまる)

望忘仙人の孫。10歳。終盤で秘女乃に助けてもらったが、結果的にさらわれてしまった少年。
変身できないので、どうしても劣化版砦角にしか見えない。序盤こそ変身が発揮される時なのになぁ(基本、この時点で音鬼丸が回復役になるので尚更)。今回はもりのかみ戦で助けてもらったけど。

・心衛門(しんえもん)

えと城怪異目付け。個人的にこの人見ていると、ドラクエのトルネコを思い出してしまう。ダジャレ言うし…。てかこのひとも砦角同様、年齢がおかしい気がする。ONI2から21歳も年をとっている。
加入時点で音鬼丸よりも装備が優れているため、早く離脱することもあってか音鬼丸と装備を交換される、もしくはひっぺがされてしまう事が多い。しかも格も息子よりも低い。不憫な…。

・秘女乃(ひめの)

ONI2のヒロイン。ONI2では「ぷんすかぷん」という台詞がとても印象に残った人。ちょっとわがまま娘だったが、大人になったのか物静かで温厚な性格の人になった。ONI4で高野丸と結婚し、次回作では子供を産み、そしてその子孫が…。
今回のプレイでは、初加入時は攻撃、防御が高く、とても頼りになる人だったが、再加入時は格が低く、攻撃力が低すぎるため、ほとんど活躍できなかった。弓は百発百中なのだが、ダメージが1では意味がない。

・九兵衛(きゅうべえ)

心衛門の息子。初登場時はなんか自慢していって去って行った。ちょっとアホの子っぽい子だが、父親が心衛門ではしかたない(何)。
父よりも格が高く、敵の攻撃術にも比較的耐えやすいと、なかなか優秀な子だが、やはり離脱するのが早いことが災いで、音鬼丸に装備を献上する羽目になる。素手でも剣術使えるし、いいよね?

・砦角(さいかく)

豪快な性格をしている人。この人を見ていると逆鬼師匠を思い出す。ONI2では秘女乃と犬猿の仲だったが、15年経った今回でも仲はあまりよくないらしい。
ボス戦は補助で自分を強化してから変身するというのがセオリーな戦い方なのだが、砦角は変身すると敏捷が下がってしまう特性があるため、難易度によってはほとんど当たってくれない。攻撃力は素晴らしくなるのだが…どんなでかいパワーも当たらなければ意味がないだろ…。

・天地丸(てんちまる)

初代ONIの主人公。最強の男と称されるこの男も初代ONIの序盤では落ちこぼれの忍者だった。ONI2では忍者なのにもかかわらず、素早さが低いというキャラだった。今作はあんまり目立っていなかったような気がするのは気のせいか?
今回のプレイでは変身してからひたすら攻撃するという、砦角ばりの戦い方をしていたが、この人もどうやら変身すると、砦角ほどではないが敏捷が下がる特性があるため、わりと命中が悪い。むしろ変身はしなかったほうがよかったのではないかと思った。

・妖奇老

天地丸と高野丸のおじいさん。ONI2ではかなりウザい事をしてくれたが、終盤で心を入れ替え、ちゃんとおじいちゃんしていた…気がする(何)。次回作では変なジャンプを習得する。
ぼさつのすずかけという装備のおかげでめちゃめちゃ硬く、物理攻撃で死ぬことはあまりなかった。力も何気に強く、物理もいけるというめちゃ優秀な人。流石に高野丸には及ばないが…。

・高野丸

ONI2の主人公で退魔師。槍を使うというのが個人的にツボ。2番目に好きなキャラである。
ONI4で秘女乃とめでたく結婚。温和で生真面目な性格だからよき新婚生活を送っていることでしょう…と決めつけるのはよくない(何)。
ステータスを見ると、法術と剣術を全部使えることもあってか、死角がない。はじめから格が高いということもあり、加入時からものすごい活躍っぷりを見せてくれる。なお、彼の変身時による攻撃は後列からでも威力が下がらないうえ、少々ながら敏捷も上がるようで、結構攻撃を当てやすい。今回では攻撃を当てやすいというだけでも高評価である。…秘女乃は別として。

…ONI4にはおうりゅうという隠しボスがいるんですが、とんでもなく強く、ラスボスなんか足元にもおよばないです。防御も硬く、格45の高野丸のりくどうれっぱですら20しかくらわなかったときは泣きたくなった。つばめがえしがあれば楽勝なんですけどね…。
このボスは今回のプレイではまだやっていないですが、機会があればやってみようかと思います。このやりこみはもうちっとだけ続くんじゃ!(何)
スポンサーサイト

ONI4 制限プレイ日記 最終回

黄泉の城に戻って、天津甕星の元まで行きます。雑魚はめんどいので、簡単に倒せるやつ以外は逃げる。

奥まで行くと、カーテン(?)越しに天津甕星がいました。天津甕星が日本は元は妖魔のもので、封印されている間に人間が住み着いただけにすぎないといいます。そういうと、天津甕星は「お前たちにも妖魔の血が流れているだろう、さあ思い出せ!」とこちらを誘ってきますが、音鬼丸達にはそんな説得は無駄だというもの。引き込むのは無理だと悟ると襲いかかってきます。

音鬼丸 格43 体433 精272 攻撃229 防御253 後列
にっこうけん ふんぬのよろい びしゃもんずきん ななくさきゃはん

砦角   格44 体479 精171 攻撃254 防御211 前列
あんこくのつめ ひりゅうのよろい ほうおうずきん ぼさつのくつ

天地丸 格46 体408 精312 攻撃339 防御232 前列
むらまさ きらいこう ほうおうずきん ぼさつのくつ

高野丸 格49 体455 精339 攻撃261 防御256 後列
だいこく つきかげのよろい ほうおうずきん ぼさつのくつ

秘女乃 格32 体253 精224 攻撃103 防御260 後列
はまゆみ べんてんのころも かぜきるずきん こうみょうのくつ

あまつみかぼしの行動は3回攻撃、はげしいあめ、まぼろしのほのお。はげしいあめとまぼろしのほのおは秘女乃が耐えきれずに倒れてしまいます。よって秘女乃は放置。こいつも防御が高いです。天地丸の攻撃でも500くらいしか与えられません。こいつの体力はおそらく30000くらいでしょうか。
音鬼丸はひたすら「らせつ」、砦角は自分に補助をかけて、かけ終えたら変身、天地丸は相変わらず攻撃、高野丸は補助と回復に努め、音鬼丸の精神力が尽きたら「せいしんすい」。秘女乃は回復に努める。
秘女乃が倒れて、せいしんすいを7個使ったあたりであまつみかぼしが倒れました。相変わらず攻撃が当たんない。

あまつみかぼしを倒したと思ったら、体が再生して復活します。やはり封印しなきゃいけないということで七福神の力を使いますが、たった5人では完全に発動してくれません。
しかし、そこで妖奇老と御琴、そして父の茨鬼童子が助けに来ました。茨鬼が7人でやつの動きを封じるからお前一人でやつにとどめをさせと言います。
音鬼丸はとまどいますが、仲間達の鼓舞により、あまつみかぼしに挑むことを決意します。
正真正銘のラストバトルです。BGMが熱く、盛り上がります。シスコンVSロリコンですが(何)

音鬼丸 格44 体442 精278 (連戦なので詳しいステータスはわかりませんでした) 

あまつみかぼしの行動はどくのつめ、3回攻撃、やみのりゅう。やみのりゅうは190くらいます。
まず、最初に「しんぴのたま」を使い、攻撃と防御を上げます。これで3回攻撃は怖くありません。あとは回復しつつ攻撃です。こいつには攻撃が比較的当たるので助かります。体力はあまり多くないので、「らせつ」を使って攻撃してました。

そしてついに天津甕星が倒れました。戦いがようやく終わったのです。皆、この戦いを終えて思うところがあるのですが、砦角がこんな薄気味悪いところは早く出ようぜと言って、音鬼丸達は凱旋します。

そして1年後、音鬼丸の母がおはぎを作りすぎたから、おはぎを届けに行ってくれない?とおつかいを頼まれます。せっかくなので日本にいる仲間にも会いに、御琴と行きます。しかし御琴の格好が変わってねぇ…いつまでそんな小林○子みたいな衣装でいるつもりだ(何)。
まず雁木丸に会いに行きます。雁木丸相変わらずだなぁ…次回作ではかっこいいところを見せてくれるけど。そして日本に行きます。
心衛門と九兵衛に会いますが、心衛門はつけがたまって、茶店であるばいとをしているもよう。ますます不憫でならないぞ!次はおおえやまへ
だいてんぐに会いますが、機嫌がよすぎるからって人をうちわで九州まで飛ばすなよぅ。
兄を亡くした真之介はまだ心の傷が癒えてないように見えました。ドット絵のグラフィックだと痩せこけて見えるので心配でならないです(何)。

天地丸と砦角は修行しに天竺に行くらしいです。今度はちゃんと敵に攻撃を当てられるように頑張れよ!(死)
高野丸に会いに行きますが、留守です。しかたないので秘女乃に会いにいったら高野丸もいるではないですか。
話を聞くと、高野丸と秘女乃はついに結婚するらしいです。というか何故今まで結婚しなかったのか不思議でしょうがなかったよ。秘女乃が意外と奥手でなかなか進展しなかったのか、それとも高野丸が鈍いのか…。おそらくは後者でしょうね。質素に行いたいからじいちゃんには黙ってと高野丸がいいますが、じいちゃんである妖奇老にばれてしまいました。派手でもいいじゃない!一生に一度の結婚式なんだから。

そして自分の家へと帰ります。日本を歩きまわったというのに疲れていないよと言う音鬼丸はすごいと思いました。
そしてスタッフロールが流れ、ED。やっと終わったー!!

あらためて自分の文章見ると稚拙過ぎて死にたくなる思いだ…変にはしょってるし(滅)。次は感想とかを書いていきたいと思います。

ONI4 制限プレイ part10

格上げ…の前にじばりのさとに行って、天地丸最強の剣「むらまさ」を取りに行こうと思います。
むらまさを手に取ると、むらまさがしゃべりました。我が仕える者にふさわしいかどうか確かめてやるといい、戦います。

音鬼丸 格40 体406 精254 攻撃222 防御180 後列
だいこく きんのむねあて かぶと くさりきゃはん

砦角   格41 体445 精158 攻撃243 防御203 前列
あんこくのつめ ひりゅうのよろい ほうおうずきん ぼさつのくつ

天地丸 格43 体380 精289 攻撃226 防御225 前列
にっこうけん きらいこう ほうおうずきん ぼさつのくつ

高野丸 格46 体431 精315 攻撃201 防御216 後列
ふどうじょう てつのよろい ほうおうずきん ななくさきゃはん

秘女乃 格27 体210 精185 攻撃93  防御233 後列
はまゆみ べんてんのころも みこのかんむり わらじ

むらまさの行動はけっかい、3回攻撃。例によって開幕にけっかいを使われたらリセットです。5回もリセットしました。
戦術はだいこくのときとほぼ同じで行きました。音鬼丸は術が封じられる前にひたすら「らせつ」、秘女乃は「しんせん」で回復しますが、格が低いので満足に回復しませんので、誰かが瀕死になった場合は音鬼丸が使います。
4ターン目に術を封じられましたが誰も倒されることなく勝てました。しかしなぜ秘女乃の攻撃はよく当たるのだろうか…。弓って命中補正でもついているのか?
むらまさに勝つと、快く力を貸してくれます。「むらまさ」をゲット!攻撃力が225もある、頼もしい武器です。早速天地丸に装備させ、「にっこうけん」を音鬼丸に装備させ、装備していた「だいこく」を高野丸に装備させます。
とがくれやまに行き、右の泉を調べると、きゅうりに釣られ、がんきこぞうが現れますが、倒すと「きゅうり」と「しんぴのたま」を交換してくれます。しんぴのたまは全員の攻撃と防御を上げるアイテムです。あとはぼうとのまちへと行って、「せいしんすい」も買っておきます。これは全員の体力と精神力を全回復させるアイテムです。

秘女乃の格上げは進みながらのほうが効率がいいと思ったので、天津甕星がいる黄泉の城に行きます。黄泉の城は「よみのかぎ」を使い、入ります。ここの曲はマジで名曲だと思います。
中にはまたもやぬりかべがいますが、敵じゃないです。道中に音鬼丸専用武器の「りゅうていけん」がありますが、今回はとらないことにします。ほぼタダで手に入ってしまうので、宝箱扱いにします。

進んでいくと、あくろおうがいました。さっさと倒します。

音鬼丸 格41 体415 精260 攻撃224 防御182 後列
にっこうけん きんのむねあて かぶと くさりきゃはん

砦角   格42 体456 精162 攻撃247 防御206 前列
あんこくのつめ ひりゅうのよろい ほうおうずきん ぼさつのくつ

天地丸 格44 体389 精297 攻撃334 防御228 前列
むらまさ きらいこう ほうおうずきん ぼさつのくつ

高野丸 格47 体439 精323 攻撃254 防御218 後列
だいこく てつのよろい ほうおうずきん ななくさきゃはん

秘女乃 格29 体227 精201 攻撃97  防御238 後列
はまゆみ べんてんのころも みこのかんむり わらじ

あくろおうの行動は3回行動、けっかい。開幕けっかいのせいで10回もリセットしました。
戦術はむらまさの時と一緒で。天地丸は変身+「たいしゃく」でなんと1000もダメージを与えます。
けっかいをなかなかやってこなかったので、補助強化が完璧にできましたが、攻撃が当たらないのでいらいらしました。いっそ砦角は変身しないほうがいいんじゃないかとすら思います。
あくろおうに勝って、妖石を30個ゲット。

さらに奥に進むとりょうめんすくながいました。こいつを倒せば天津甕星まで行けます。

音鬼丸 格42 体424 精266 攻撃227 防御184 後列
にっこうけん きんのむねあて かぶと くさりきゃはん

砦角   格43 体468 精167 攻撃250 防御209 前列
あんこくのつめ ひりゅうのよろい ほうおうずきん ぼさつのくつ

天地丸 格45 体398 精305 攻撃337 防御230 前列
むらまさ きらいこう ほうおうずきん ぼさつのくつ

高野丸 格48 体447 精331 攻撃258 防御221 後列
だいこく てつのよろい ほうおうずきん  ななくさきゃはん

秘女乃 格30 体235 精209 攻撃99  防御241 後列
はまゆみ べんてんのころも みこのかんむり わらじ

りょうめんすくなの行動は3回攻撃、けっかい、やみのりゅう。やみのりゅうは音鬼丸に150、砦角に210、天地丸に125、高野丸に70、秘女乃に170程度のダメージ。
けっかいはごくまれにですが、やってきます。今回はやってきませんでしたが。
りょうめんすくなが異様に硬く、補助をかけた天地丸ですら500しか通りません。その点、「らせつ」は本当にいいですね。
「せいしんすい」を2つ使って、時間はかかったものの勝利。妖石を45個も落とした。イエア!

もうすぐ天津甕星ですが、その前にぬりかべを倒して、ショートカットを開通させて、帰ります。

ぼうとのまちに行き、音鬼丸に「ふんぬのよろい」、「びしゃもんずきん」、高野丸に「つきかげのよろい」、「ぼさつのくつ」、秘女乃に「かぜきるずきん」、「こうみょうのくつ」を妖石と交換させて装備させます。そして高野丸が装備していた「ななくさきゃはん」を音鬼丸に装備させます。
あとは「せいしんすい」を買えるだけ買います。あとは「かみがみのいのち」も念のため買っておきます。

これであとは天津甕星に行くだけですが、文章が長くなってしまったのでいったんここで区切ります。

ONI4 制限プレイ日記 part9

北海道の最北端へと行きます。
奥まで行くと、旅の扉的なものがありました。入るとどこかへ飛ばされ、気がつくとそこは異次元でした。場所は音鬼丸の故郷から南の位置のようです。
望忘仙人に尋ねるため、はんとうさんに行きます。

望忘仙人に黄泉の国の行き方を訊ねてみると、日本のふしさんから行けるらしいです。しかし、ふしさんは空からでないとふしさんには行けません。空を飛ぶ道具がないか弥衛門に聞いてみます。

えとじょうへ戻りますが、何か様子がおかしいです。人っ子一人いません。とりあえず、弥衛門の家に行ってみます。中に入ると誰もいません。しかたないので、とりあえず奥まで行きます。すると、船みたいなものを発見します。これが空を飛ぶ飛行船らしいです。砦角が「これで黄泉の国へ行けるぜ!」と言って、「ひこうせん」をゲットします。おいおい、いいのかよ無断で持ち出して。

きょうのしろへと移動して、人がいないことを妖奇老に話すと、暗雲が町を覆い、町の人達を攫っていったとのこと。妖奇老は結界をはって、攫われずにすんだそうだ。これで日本で買い物ができなくなりました。買い物をするなら異次元でするしかないです。

「ひこうせん」をつかい、ふしざんへと行きます。ふしざんに入ると、黄泉の国へとワープします。黄泉の国の曲は良いと思うのですが、何故かあまり評価されません。俺の美的感覚がおかしいのか…。
黄泉の国に着くと、高野丸が西から秘女乃の気を感じるといいます。なんというZ戦士(何)。
とりあえず気になるので、西にある砦に行ってみます。
西の砦の曲はここでしかかからないですが、これも名曲だと思います。
中にはこちらの行く手を塞ぐぬりかべがいます。敵ではありませんが、異様に硬いです。「たいしゃく」で味方の攻撃力を上げるか、「らせつ」で一気にたたみかけます。
しかし、雑魚強いなぁ。これ最強武器を手に入れてることを前提としたバランスになってる?

奥まで進むと、秘女乃がいました。と、妖怪しゅてんどうじもいました。でた!GB版ONIシリーズ皆勤賞の妖怪。また復活したらしいです。お前はシグマか。案の定襲いかかってきます。

音鬼丸 格39 体397 精207(247) 攻撃219 防御177 後列
だいこく きんのむねあて かぶと くさりきゃはん

砦角   格40 体434 精154 攻撃240 防御200 前列
あんこくのつめ ひりゅうのよろい ほうおうずきん ぼさつのくつ

天地丸 格42 体371 精281 攻撃223 防御223 前列
にっこうけん きらいこう ほうおうずきん ぼさつのくつ

高野丸 格45 体423 精307 攻撃197 防御214 後列
ふどうじょう てつのよろい ほうおうずきん ななくさきゃはん

しゅてんどうじの行動は3回攻撃、じしん、じごくのほのお。じしんは音鬼丸に230、砦角に290、天地丸に220、高野丸に225程度のダメージを与える。じごくのほのおは音鬼丸220、砦角290、天地丸220、高野丸220程度のダメージ。くらったら即座に回復。
音鬼丸は補助がかけ終わるまで「しんせん」で回復、かけ終えた後は精神力の続く限り「らせつ」でその後はひたすら攻撃、砦角は補助かけ終えたら変身して攻撃、天地丸は…もう言う必要ないね(何)。高野丸は補助をかけ、かけ終わった後は「しんせん」で回復を務めて、すきあらば攻撃。
しゅてんどうじが3回攻撃ばかりしてくれたおかげで、精神力が尽きる前に倒せました。相変わらず攻撃が当たらん!妖石を25個ゲットして、「しゅてんどうじ」を習得。格上げには最適だね!

*「しゅてんどうじ」:敵全体に約900のダメージを与える召喚呪文。消費精神力90。ボス戦には向かない。

倒した後、秘女乃が目を覚まし、仲間になります。これで最終パーティが揃いました。
音鬼丸は15歳、秘女乃は28歳、高野丸は32歳、天地丸、砦角は35歳(砦角は詐称の可能性大)と平均年齢が29歳とすごいパーティです(何)。
秘女乃が「よみのかぎ」という鍵を持っていました。何かの役に立つかもしれないので持っていきます。

いったんぼうとのまちへと行き、秘女乃の防具「べんてんのころも」と妖石22個と交換します。防御力が130とずば抜けて高い、高性能防具で、装備させたら一番硬い天地丸よりも防御力が高くなりました。…なにかがおかしい、なにかがおかしいぞ!

秘女乃の格が低いので、格上げします。ので今回はここまでにします。次がいよいよラストだと思いたい。
しかし弓使うキャラって再加入時にパーティとレベルが大きく離れるというジンクスでもあるんですかね?テイルズオブファンタジアのチェスターしかり、テイルズオブデスティニーのウッドロウとチェルシーしかり、ONI3の清志郎しかり。

ONI4 制限プレイ日記 part8

次はきょうのしろの北西にあるいつもたいしゃに向かおうと思います。が、その前にはくだてまちの北にある、あしよるむらで「にっこうけん」を買って、天地丸に装備させます。攻撃力が120もあるのでかなり強くなりました。それにしても「にっこうけん」は初代ONIのラスボスを倒すのに必要な最強の剣だったのに、2以降は市販で売っているというのはどういうことだろう。

あと、きょうのしろの神社に宝があったはずなので、いつもたいしゃに向かう前に行ってみます。神社の前になんと雁木丸がいるではありませんかー(棒読み)。
どうやら変なやつらに捕まったけど、秘女乃に助けてもらったらしい。…どう助けたんだ?秘女乃真っ先に捕まったよね? 秘女乃の行方を聞くと、すごくくらくてきもちのわるい場所に捕らわれているらしいです。音鬼丸がだいてんぐに聞いてみようといいますが、その前に宝を見つけるのが先決です。

神社の中にある石像を調べると「こくてんふ」が光って、隠し階段が現れます。
階段を降りると、そこは妖怪が漂っていました。全体攻撃を多用する敵がいるのが厄介。
奥まで潜ると、「べんほうか」という宝がありました。七福神の宝のようです。
ここに用はないので、さっさと出ます。そしていつもたいしゃに向かいます。

いつもたいしゃに着きましたが、神主は誰だかわからない人に七福神の宝を渡すわけにはいかないと言います。しかたないので、とりあえずびしゃもんどうに行きます。

びしゃもんどうに着きましたが、相変わらず結界が張ってあります。ですが、「こくてんふ」の力で結界が解かれます。早速中に入ります。
道中にでてくる、しゅはけっかいを使ってきます。ですが、変身してたたけば怖くありません。ここも全体攻撃を多用してくる敵ばかりなので、面倒くさくなったら逃げます。
地下2階に降りると、ぽつんと宝箱がありますので、開けると「れいしょうい」と呼ばれるものが手に入ります。これが七福神の宝らしいです。もうここには用はないので出ます。
ちなみにここには毘沙門天の影がいますが、勝っても、地下3階で毘沙門シリーズの武具が手に入るだけなのでスルーします。イベントアイテム以外の宝箱は回収できないの!

いったんあしよるむらに戻り、「ほうおうずきん」を買って、砦角に装備させます。何気に砦角、天地丸、高野丸の最強防具だったりします。あとはおけやまじょうで「きゅうり」を2本ほど購入。とあるアイテムと交換してもらうために必要になります。

もういつもたいしゃ以外のところは行ったので、いつもたいしゃに戻ります。
いつもたいしゃに戻って、神主と話しますが、相変わらず渡すわけにはいかないとの一点張り。
すると画面が暗転し、妖怪が現れました。らせつという妖怪です。「やしゃを倒したのはお前らかー!こんなつよいやつらはひさしぶりだ!わしがあいてしてやろう!!」と言って、襲いかかってきます。ちょ、こちらもなんか言わせろ!

音鬼丸 格38 体387 精241 攻撃216 防御175 後列
だいこく きんのむねあて かぶと くさりきゃはん

砦角   格39 体423 精149 攻撃237 防御157 前列
あんこくのつめ しのびずきん ほうおうずきん くさりきゃはん

天地丸 格40 体353 精265 攻撃213 防御208 前列
にっこうけん きらいこう しのびずきん ぼさつのくつ

高野丸 格43 体405 精291 攻撃190 防御210 後列
ふどうじょう てつのよろい ほうおうずきん ななくさきゃはん

らせつの行動はじゅきょうらん(全体混乱)、3回攻撃、じごくのほのお。じごくのほのおは音鬼丸に190、砦角に240、天地丸に170、高野丸に180程度。らせつの攻撃力が高いので、真っ先に「だいちのまもり」をかける。音鬼丸は「しんせん」で回復を務め、砦角は「だいちのまもり」をかけたら、変身。天地丸は相変わらず変身してから攻撃、高野丸は補助をかけ終わっても、変身しないでそのまま。じゅきょうらん対策のためです。
実際は補助をかけ終わったときに砦角が混乱して、自身に攻撃かまして一撃で自殺、その後うっかり「はやてのたま」を使ってしまって制御不能になって、音鬼丸がらせつに倒されて、天地丸と高野丸の二人が生き残った状態で勝利。こいつもなかなか攻撃が当たらない…。体感で4割といったところか…。妖石を30個も入手!そして「らせつ」を習得!よっしゃ!

*「らせつ」:敵1体に約1000ダメージを与える召喚呪文。消費精神力60。今回のプレイではダメージソースとなりうる、重要な術です。

神主にいきさつを話すと、七福神の宝の「けいとくひ」を授かります。今度はあっさりすぎる!
すべての宝がそろったので、だいてんぐのところに行きたいところですが、その前に妖石で「ひりゅうのよろい」と「ぼさつのくつ」と交換してもらい、砦角に装備。ようやく砦角が硬くなりました。今まで不意打ちくらったら即座に倒れてたからなぁ。あとはおけやまじょうで「くものつえ」を購入。これでもう「くものいと」が要りません。

気を取り直して、だいてんぐのところに行きます。だいてんぐが秘女乃の捕らわれた場所がわかったとのこと。おそらく黄泉の国にいると言います。黄泉の国はおぞましい妖怪の巣窟…とだいてんぐは言います。黄泉の国の行き方は望忘仙人が知ってるかも知れないとのこと。
しかし、異次元に戻る方法がわかりません。だいてんぐが言うには北海道の最北端に異次元に通じる道があるらしいです。

あしよるむらに寄って、砦角が装備していたものを売り払い、「ほうおうずきん」を天地丸に装備。異次元に通じる道へと行きますが、今回はここまで。あと2,3回あたりで終わりそうです。
プロフィール

duneforce

Author:duneforce
 性別 男 一応成人しています。

ひっそりとやっていくブログ。緩い制限プレイをしていたりしてなかったり。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。